幼児教育に特化した学習を子どもに経験させてあげよう

遊びが全て学びに!楽しみつつ天才に育つ

乳幼児期の子供には、勉強するという概念がほとんどありません。
そのため、無理に小学生や中学生にするように「教えて学ばせて理解させようとする一方的な指導」では、苦痛を感じ、後々の学習時期に勉強嫌いを起こしてしまう危険すらあります。
遊びの中で遊んだ結果に学びが生まれるのが真の幼児教育です。
学びの方法が多種多様で、その子その子の個性に合った望む遊びを提供でき、さらに必ず学びにつなげてもらえる最新式の幼児教育が望ましいと言えます。
しっかりとカリキュラム化され、親御さんにも「こういった遊び方で、こういったことが身につく」という論理的な説明があることが、単に遊ばせているだけではないことの証拠ともなり得るので、しっかりと教室や先生に確認をしましょう。

芸術的センスやクリエイティブな才能を磨く

最新の乳幼児教育では、国語算数道徳理科社会英語だけではなく、その子の個性やその子しかない才能を磨き出す「芸術的」な部分へのアプローチも忘れません。
想像力の豊かさを尊重し、決して否定せずクリエイティブな才能を活かして伸ばしてくれるのが、最新の幼児教育です。
ただ学力が高く聞き分けが良い子供が良しとされる時代は終わりつつあり、今は独創性や発想力がある「自分らしさ」「自分の意見」「アイディアの豊かさ」が評価される時代となってきています。
そのために決して忘れてはならない、空間認識能力などについても、積み木や型はめ遊びなどを取り入れた教育が欠かせません。
カリキュラムに組み込まれているかよく確認してください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る