教室選び前にチェック!乳幼児期の学習の重要性

職員の数と乳幼児への管理体制

職員の数と乳幼児への管理体制は、絶対に外せないチェックポイントで、最低でも2人の乳幼児に1人の先生がついているのが望ましいです。
幼児教室では、一対一でのレッスンの場合から多人数レッスンの場合など様々です。最近多くなっているのが、無学年教室の中に幼児教室が含まれ、たくさんの年齢もバラバラな生徒たちの中で、幼児レッスンが行われるというものです。
教室内の人が多く、乳幼児一人一人への管理が不足するような職員の体制では万全な管理体制とは言えません。
いつも乳幼児一人一人に目が行き届くような、「職員の人数・教室内の生徒数・空間構造」であることが重要ですので、教室に入る前の体験レッスン時には、しっかり周囲の環境をチェックしましょう。

家具や室内への安全への配慮がされている

大人や小学校入学以降の子供では決して怪我をしないような、ほんの些細な物事で、乳幼児は怪我をしてしまいます。
ちょっとした段差や家具の鋭い部分、突出した金具など…。
乳幼児にとっての危険因子に配慮され、それらが取り除かれた家具や室内への安全面での工夫を確認しましょう。
また、必要に応じて教室側に安全配慮を求めることも大切です。
改善に応じてくれる柔軟さも大切なチェックポイントといえます。
最近では、保育園の「お散歩」を通じた教育に関して、事故にあう生徒が増え、社会問題になっています。
不測の事態はいつどこで起きるかわからないものですが、いつも最善の安全を確保してくれていることが大切で、さらにそれが職員間で共有され、いつ開示を求められても提示できる計画書もあるほど練られた安心があることがマストです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る